ポッポ郡山店の餡子たっぷり薄皮黄金焼が美味しい!

店名:ポッポ 郡山店
住所:963-8022 福島県郡山市西ノ内2-11-40 イトーヨーカドー内
電話:024-939-1457

福島県郡山市にあるポッポ郡山店は、イトーヨーカドー郡山店の中に入っているお店です。
ポッポはイトーヨーカドーの中に入っていることから、買い物に訪れた家族連れや年配の方が多く利用している印象です。

フードコートのようになっているため、自由に座って食べることが出来ます。
休日だけでなく、平日のお昼どきも混んでいることが多いです。

ポッポのおすすめのメニューは、薄皮黄金焼です。
店内で焼きたての薄皮黄金焼は、あんこがたっぷりと入っているのが特徴です。

名前の通り、皮は薄めになっています。
あんこはたっぷり入っているのに、食べると甘すぎないので、とても食べやすいです。

薄皮黄金焼は、薄皮の今川焼きをイメージしてもらえれば良いと思います。
あんこ好きな方に、特におすすめです。
ポッポの薄皮黄金焼の値段は、100円となっています。

接客については、時間帯によっては並ぶこともありますが、店員さんは、ひとりひとり手際良く手早くこなしてくれるのでスムーズに購入することが出来ます。
また、混んでいるときも、呼び出しベルを貸してくれて、スムーズに渡せるようにしてくれるのも良いと思います。

愛知県一宮市にあるケーキ屋さんのモーニング、フランス洋菓子アルビノール

店名:フランス洋菓子 アルビノール
住所:愛知県一宮市牛野通り1-42
電話番号:0586-24-3620

愛知県一宮市の有名なものと言えばモーニングです。
その中でも人気があるのがはアルビノールです。
なぜアルビノールは人気があるのかというとケーキ屋さんがやっているモーニングだからです。

普通のパンとサラダが出てくるモーニングもあるのですが、なかでもおすすめはモーニングケーキセットです。
これはアルビノール自家製パンとサラダはもちろん、他にケーキが8~10種類の盛り合わせが付いてきます。

これにドリンクの値段で値段が異なりますが、700円~です。
数量限定なので、アルビノール開店前から並んでいるので、もしかしたら開店前に行かなければ食べれないほどの人気ぶりです。

一宮での人気のケーキ屋さんのケーキ盛り合わせなので味は間違えなくおいしいのですが、くどくなく、あっさりしているので、朝からケーキでもペロリといけます。

アルビノール店頭にもたくさんの種類のケーキが売っているし、どのケーキもリーズナブルなので帰りに買っていくのもいいかもしれません。

本当に人気店なので、駐車場はすぐに満車になるし、外に待ちができるくらい人がいるので、ケーキセットのモーニングを食べたいひとは早めに行った方がいいと思います。
何度も行っても飽きないくらいのおいしいケーキたちなので本当におすすめです。

ミスタードーナツ 新宿靖国通りショップのストロベリーカスタードフレンチ

店名:ミスタードーナツ 新宿靖国通りショップ
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-2-1 ナインティー新宿ビル1・2・3F
電話:03-3208-0160

新宿の靖国通りにあるミスタードーナツでは、誰もが好みであると言えるような魅力的なメニューがあります。

それがストロベリーカスタードフレンチで、定番のカスタードクリームが乗ったドーナツに、ストロベリー要素が含まれているのです。

見た目がかわいい、きれい、おしゃれという印象を持ちやすい商品で、全体的にカスタードクリームがついているため、甘いです。

ただ、一部にストロベリークリームがついているので、味が変わりますし、甘さの種類も変化するような感覚になります。

ミスタードーナツの王道のドーナツに見せるものの、一部でアクセントがついているような商品と言え、普段の美味しさにちょっとプラスして楽しめるような、そういう魅力が詰まった商品です。

ストロベリー味が好きな人、とにかく甘いドーナツを食べたい人にはおすすめです。

いろいろな味の商品がある中で迷う人が多くいるのではないか?と思うのですが、ミスタードーナツのストロベリーカスタードフレンチに関しては万人ウケすると思えるメニューなので、ぜひ覚えておいてほしいです。

ピネード イオンモール長久手店、愛知県長久手市にあるケーキ屋さん

イオンモール長久手に行ったところ、PINEDE(ピネード)があり、思わず購入。

ピネード店頭に桃を丸ごと使ったケーキが売っていて、食べてみたくなりました。
消費税込みで700円弱。

1個あたり高いですが、ピネードならハズレなしと思って。
ももは「ピンク色のものがいいです」と伝えたところ、お店の人が「これはどうですか?」といくつかある中から選んでくれました。

家に帰宅して食べたところ、桃は甘くてジューシー。水分量が多く美味。
その中にカスタードクリームが入っています。

シンプルなのですが、美味で、この季節だからこその贅沢さを感じました。
値段は高いですが、桃1個の値段を考えると高すぎることもありません。

PINEDE(ピネード)は、東海地方を中心に、現在では関東地方、田園調布や横浜にも店舗があります。
生クリームは甘さひかえめで大人でもおいしいと思えるあっさりさ。

東海店だと、プライムツリー赤池や、名東区の社台、植田や徳重にあります。
ピネード店頭にはバースデーケーキも置いてありましたよ。

店名:ピネード イオンモール長久手店
住所:愛知県長久手市中央 土地区画整理事業地内5・10・11街区 イオンモール長久手1F
電話:0561-76-7565

聖蹟桜ヶ丘にあるびっくりドンキーの絶品ソフトクリーム

店名:びっくりドンキー聖蹟桜ケ丘店
住所:東京都多摩市関戸5-6-8
電話:0423-56-6480

東京都多摩市の聖蹟桜ヶ丘にあるびっくりドンキーでは、やはりハンバーグやステーキメニューに注目がいくでしょう。
ただ、そういったメニューよりも実はさらにおすすめできるのがデザートなのです。

デザートまでこだわりぬいているびっくりドンキーでは、ストロベリーソフトが特におすすめメニューと言えます。
このストロベリーソフトは見た目で言えば、ストロベリー味のパフェのようなイメージで、非常にシンプルです。

ただ、びっくりドンキーのストロベリーソフトに使われているソースが味の主役と言え、完熟ストロベリーソースとなっているのですが、これがいちごの味として非常に甘いのです。
そして、ソフトクリームに関しては北海道のソフトクリームを使用しているので、これも甘くておいしいと言えます。

甘いソフトクリームに皿に甘いイチゴのソースがかかっているので、全体的に甘さを感じやすいと思いますけど、甘いものが好きな人にはこれくらいがちょうど良いかもすれないです。
びっくりドンキーでハンバーグやステーキを食べ終わった後に、このストロベリーソフトを食べると、ちょうどいい気分で店を後にできると思います。

愛知県長久手市のイオンモール長久手にあるディッパーダンでタピ活!

ディッパーダンは、クレープのお店。
英語表記だとDipper Dan。
知る限り、ディッパーダンは大型ショッピングモールの中に入っています。

イオンモール長久手では、隣に銀だこが入っていて、カルディも近いエリア。
最近、家族全員でタピオカにハマっていて、タピ活ができると知り、行ってみました。

ディッパーダンのタピオカドリンクはかなり種類が多く、私は定番のロイヤルミルクティーに。

家族はショコラミルクティーにしました。ただ、ココナッツミルクティーやキャラメルミルクティー、カルピスやピーチティー、なんとメロンソーダ、ストロベリーミルク、ほうじ茶ミルクにだってタピオカを入れることもできます。

タピオカばっかり。
ロイヤルミルクティーは320円で、増量もできるものの定番のサイズにしました。

タピオカは、甘くないタピオカ。
さっぱりしています。
個人的にはタピオカは甘いタピオカが好きだったので、その点はマイナス。

あと、大きいです。
芯も少し残っているような気がして、ちょっと気になりました。

ディッパーダンの接客はかなり丁寧。
クレープの列と別になり、クレープよりも早くもらえたのも嬉しかったです。

ディッパーダンでもタピオカの流行に乗れる!ごちそうさまでした。

店名:ディッパーダン イオンモール長久手店
住所:愛知県長久手市長久手中央土地区画整理事業地内5、10、11街区 
電話:0561-56-0566

奈良市の大仏プリン本舗本店は美味しくてインスタ映え間違いなし!

店名:大仏プリン本舗 本店 プリンの森・カフェ
住所:奈良県奈良市奈良阪町1073
電話:0742-23-7515

大仏プリン本舗は、奈良土産の新定番、「大仏プリン」をその場で食べられるカフェです。
可愛いプリンを彷彿とさせる個性的な外観をしています。

大仏プリン本舗のお店の外には、これまた可愛らしいプリンカーと呼ばれる車が飾られていたり、インスタ映えスポット盛り沢山です。

ちょっとした公園のような綺麗なスペースも設けられており、いつも小さな子供たちが楽しそうに遊んでいます。
特に土日祝日は、大仏プリン本舗オープンからずっと行列が耐えない人気店です。

店内も個性的で、木の中に作られたオシャレな秘密基地のような雰囲気です。
見ているだけで楽しい店内なので、大仏プリン本舗は行列の待ち時間もあまり苦になりません。
大仏Tシャツやタオルなどのグッズも飾られており、こちらは実際にレジで購入可能です。

大仏プリンは、メインのカスタード味は絶対に抑えておきたい商品なのですが、個人的には「大和茶味」と「奈良の地酒味」も食べるべき逸品だと思います。
奈良の名産である大和茶と地酒が、プリンの味と相殺されずに、お互いを生かし合うコラボレーションをしています。

いずれもお値段は378円と、プリンにしては高めですが、大仏のイラストが描かれた可愛いビンに入っているということもあり、仕方ないかもしれません。
駅のアンテナショップでは食べられない、大仏プリンソフトも美味しいです。

ただのプリン風味のアイスクリームではなく、実際に大仏プリンそのものを使っているのでリッチな味わいです。
大仏プリン本舗は人気店なので、店員さんも忙しそうではありますが、レジを複数に分けて笑顔でキビキビと対応されており、気持ちが良かったです。