花あかり、北海道江別市の小麦を使った美味しい手打ちうどん

店名:花あかり
住所:北海道江別市向ケ丘14-3
電話:011-389-8030

ここ、花あかりは、江別産の小麦を使い、手打ちのうどんがメインのお店です。
北海道のうどんが。本場讃岐うどんに負けない旨さであることを証明したようなお店です。

花あかりは、だしにも、うどんにも、化学調味料は一切使っていないのです。
うどんの出汁にはカツをメインに使っているのです。

そして、花あかりが料理に使用する野菜は、当然江別産の新鮮野菜です。
国道12号線江別市役所の裏側2番通り沿いに駐車場完備のお店、お昼は2時までの営業ですが、何時もお客さんでいっぱいです。

近くには、全国チエーンの丸亀製麺が有りますが、美味しさでは、花あかりが美味しいですね。
地元に人気のうどんなのです。

花あかりは、そんなうどん屋さんなのですが、夜営業には宴会もできるのです。
そして、居酒屋風に変身するのです。

そしてこの居酒屋メニューも小鉢物がメインになりますが、手の込んだ物が多く、勿論出汁には、化学調味料は一切使っていないのです。
夜もうどんは、ちゃんと出しています。

花あかりは、江別のうどん好きに愛され続ける、本格的な手打ち麺のお店です。
昼に行っても、夜に行っても、何時でも美味しい物が食べられる美味しいお店なのです。

沖縄 アメリカンビレッジの中にあるステーキハウス88北谷店

沖縄には、ステーキハウス88が色んな所にあります。
国際通りや水族館の近く、那覇市など。
その中で最近できたのが、美浜アメリカンビレッジの中にできたステーキハウス88北谷店です。

アメリカンビレッジに寄った際に、夕食を食べようという事になり、選んだのがステーキハウス88でした。
時間は19時ちょっと前くらいでした。

ステーキハウス88店内入ると、数客いるくらい。
テーブル席に通され、メニューを決めます。

全部のステーキにはライスorパンとサラダバーとスープバーがつきます。
主人はオススメのテンダーロイン、私は赤肉ステーキを注文。

サラダバーをとりあえずとりに行く事に。
サラダの種類ドレッシングの種類豊富でした。
スープは2種類から選べます。

ステーキを待っていると、次から次にお客さんさんが来て、あっという間に満席。
そして行列もできるほどでした。

ステーキが運ばれてきました。
赤肉も美味しかったですが、テンダーロインの方がお肉の旨味が多くて美味しかったです。
200gだったんですが、ペロッと完食しました。

ステーキハウス88従業員の方は、若い子ばかりでしたが、感じがよく対応してくれました。
アメリカンビレッジを見たアメリカン後に行くのも、食べた後にアメリカンビレッジ回るのもいいですね。

店名:ステーキハウス88北谷店
住所:沖縄県国頭郡北谷町美浜9-17
電話:098-923-0788

香川県高松市の讃岐うどん、マルタニ製麺の「ぶっかけうどん」

店名:マルタニ製麺
住所:香川県高松市円座町1023-1
電話:087-886-6814

「讃岐うどん」というと、コシが非常に強い麺に、いりこ(煮干し)を多量に使用した出汁の効いた透明なスープ、ネギや天かすといった具材を合わせたシンプルなうどんというイメージがあると思います。

マルタニ製麺はまさに典型的な讃岐うどんのお店で、常に注文を受けてから茹でたての麺を提供することで強いコシにこだわり、いりこ出汁の効いたスープの色は薄いのに味はとても濃く、それでいてサッパリとした味わいが特徴です。

気になる注文方法ですが、マルタニ製麺は「半セルフ方式、後払い方式」と呼ばれるシステムのお店で、注文すると、店員さんがうどんを茹でて丼に載せ、スープと具材を全て上に乗せてカウンターに出してくれます。

そのうどんを受け取って各自テーブルに付いて食べ、食べ終わったら丼とお盆やお箸をカウンターに返却して、そこで店員さんに「注文した内容を自己申告して料金を精算する」という方式です。

なお、マルタニ製麺は、天ぷらやおにぎりなどのサイドメニューは注文したうどんを受け取る前に、自分でカウンターの上から小皿に取ってテーブルに置いておき、精算時に自己申告するというシステムです。

店員さんは気さくで、明るく、注文時の応対もとても良いです。

マルタニ製麺おすすめメニューは「ぶっかけうどん(小:290円)」です。
通常の「かけうどん」よりも出汁の味が濃く、なおかつ、具材に柑橘類の「すだち」が加えられていて、このすだちを絞ってスープにかけるとサッパリとした食感になるのでおすすめです。

トッピングの天ぷらの中では「海老天ぷら:150円」がおすすめです。
プリプリの海老天ぷらが2尾付いて150円と非常にお得な逸品です。

マルタニ製麺のうどんにトッピングされている「おろし生姜」は、風味が非常に豊かですが、辛味が殆ど無いのが特徴で、全体的な味付けとしては非常にバランスのとれた讃岐うどんに仕上がっているのが特徴です。

また、「完全セルフ方式」ではなく、「半セルフ方式」なので讃岐うどん初心者にもお勧めです。

游玄亭 新宿、人数が多い時に美味しい焼肉を新宿で食べるなら

店名:游玄亭 新宿
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-10-7 叙々苑ビル
電話:03-5285-0089

叙々苑と言えば高級焼肉で有名ですが、游玄亭もその叙々苑のお店です。
もちろん、游玄亭おすすめは焼肉で、味は当然間違いはありません。

さしの入ったお肉はさっと焼くだけでもとてもおいしく頂けます。
中でも定番のカルビやタンは柔らかく、おすすめです。

游玄亭のお値段はコースだと1万円~2万円くらいしますが、お店の雰囲気もよく、良いお肉を食べれるので総合的に高すぎる印象はありません。

また、コースではなく、アラカルトでの注文も可能です。
アラカルトのお肉の種類も多く、お酒などの飲み物もさまざまな種類があります。
また、ランチもやっており、焼肉ランチは3000円~6000円程度で、コストパフォーマンスもとても良いと思います。

そして、游玄亭はさまざまなサイズの個室が用意されていて、中には大きめの個室もあるので、まとまった人数の集まる家族会や会社の忘年会や送別会などにも適しています。
高級感もあるので、接待などにも使えます。

游玄亭スタッフの方のサービスの質もよく、スムーズで、毎回気持ちよくランチもディナーもおいしい食事をすることができます。

仙台市太白区にある洋麺屋五右衛門のパスタ

私はパスタが大好きでよく色んなパスタ屋さんを回っていますが、洋麺屋五右衛門のパスタはメリューもとても豊富で、和風のパスタメニューも多くあり、お箸で食べるパスタになっています。お店の雰囲気もとてもおしゃれで居心地も良いです。
スタッフの接客も丁寧です。

洋麺屋五右衛門のお値段は、パスタが1000円から1200円くらいで少し高めの設定ではありますが、その分味もとても美味しく、ボリューム満点です。

ランチメニューもあり、サラダやスイーツが付くコースもありますが、パスタの量が多いので、いつもお腹いっぱいになってしまいます。
だいたいパスタの値段に230円くらいプラスでサラダ、スイーツがついてきます。

洋麺屋五右衛門は、季節のおすすめパスタもたくさんありますが、私はいつもトマトベースの「たっぷり海老とモッツァレラチーズのトマトクリーム」を注文します。
もっちりした麺にトマトソースとチーズがとっても美味しくて食欲をそそります。

さっぱり食べたいときは、たらこや明太子などの和風パスタも美味しいです。
次は何を食べようかなと悩んでしまうくらい、洋麺屋五右衛門はとっても美味しくてお勧めです。

店名;洋麺屋五右衛門 仙台太白店
住所;宮城県仙台市太白区大野田字袋前30-55
電話;022-302-6056

用賀の「ミナト」で食べるユーミンお気に入りの氷クリームレモン

店名:ミナト
住所:東京都世田谷区用賀4-2-7
電話:03-3700-0290

用賀駅前商店街の一角、店頭のショーケースに和菓子が並ぶ古びた小さな店「ミナト」。
甘味処なのか、定食屋なのかいまいちよくわからない感じがまた、昭和レトロな雰囲気に拍車をかけている。

ミナトに行くからには是非とも食べていただきたいのが、氷クリームレモンだ。
この店の数あるかき氷の中でも、ユーミンのお気に入りがこの氷クリームレモンで、店主曰く、今でも時々食べに来るそうだ。

甘酸っぱく爽やか、かつクリーミーなコクも感じられるこのかき氷は、荒井由実時代の懐かしい青春歌を彷彿とさせる初々しく素朴な味がする。
ワンコインで食べることが出きるのもまた、魅力的である。

ミナト店内壁には、手書きメニューが貼られ、ビニール張りのパイプ椅子や飾り気の無い机が並び、古びた昭和の下町定食屋といった雰囲気だ。
壁には、メニュー以外にも、ユーミンのサインや今は亡き店主の母親との写真などのほか、若かりし頃の榊原郁恵の写真などが貼られており、ファンならずとも、レトロ好きにはたまらない空間になっている。

今の店主は一見無口でとっつきにくい雰囲気があるが、話しかてみると、実に気さくに色々な話をしてくれるので好感がもてる。
暑い季節にはぜひ一度用賀のミナトで、甘酸っぱい青春の味に浸って欲しいと思う。

とんかつマ・メゾンプライムツリー赤池店でお子様メニュー

とんかつマ・メゾンプライムツリーは、赤池にできたプライムツリー、2階にあるレストラン街の1角のお店です。
マ・メゾンは東海地方の老舗洋食店で、日進の竹の山にとんかつ店があり行列必至の店。
プライムツリーも11時オープンで並んではいましたが、一巡目でスムーズに入ることができました。

とんかつマ・メゾンプライムツリーのメニューは、とんかつの定食が中心。
熟成ロースかつ定食は1380円。嬉しいのが、中160gがこの値段になっていて、少食の人は120gの1180円、たくさん食べたい人には大の200g1580円、特大250gの1880円のものまであることです。

机の上にはたれが甘口、辛口とあり、塩もあります。
とんかつマ・メゾンプライムツリーのお店の人によると、おすすめは塩。
どの種類もつけて食べてみました。

とんかつは、すじばっていることもなく、かみきりやすい食感でおいしい。
脂っぽさもありません。
たれも甘口、辛口とつけて塩もつけるとあっという間に食べることができます。

定食のごはんは普通のごはん、雑穀米、なめしと選ぶことができて、キャベツやお味噌汁はおかわり自由。
お味噌汁を飲み終わった時に店員の方からおかわりいりますか?と言われてサービスが行き届いていると感じました。

子供連れでとんかつマ・メゾンプライムツリーに行ったのですが、子供用だと車の形をしたお皿に盛られたカレーととんかつのセット。
見た目もかっこよく、テンションが上がりました。

店名:とんかつマ・メゾンプライムツリー赤池店
住所:愛知県日進市赤池町箕ノ手1番 ライムツリー赤池
電話:052-807-1288