銀座ブラジル、浅草にあるレトロ喫茶の激ウマカツサンド

私の愛してやまない浅草グルメといえば、ここを紹介しない手はないと言っていいほど。
その名も「銀座ブラジル」。

おわかりであろうか、浅草にありながら銀座を名乗る一見摩訶不思議な店名だが、そこには地元感溢れる昔から変わらないレトロで情緒あふれる空間が広がっている。

銀座ブラジルのオススメはズバリ「元祖ロースカツサンド」¥1000-。
浅草のチャキチャキとしたおばちゃんが運んでくるボリューム満点な4切れのカツサンドは、食パンの間に2重のカツ、キャベツの千切り、ソースと見た目はシンプルだが、味は本物。

一口噛めばジュワ〜〜っと甘い豚ロースの脂が口いっぱいに広がり、キャベツのシャキシャキとした食感がこれまた次から次へと食欲をそそる。
カツサンドを口にしてみて気がつく。

ん?食パンも、もっちもちで美味しいことに。
そう、浅草で愛されているパン屋・ペリカンの食パンを使用しているのである。

美味しいカツに美味しい食パンのハーモニー。
まずいわけがない。

これぞ元祖と謳うに等しい一品。
尚、銀座ブラジルという店名の由来だが、元は銀座にブラジルの1号店がありそのまま浅草の店舗だけが残った為である。

店名:銀座ブラジル
住所:東京都台東区浅草1-28-2
電話:03-3841-1473

日暮里駅から徒歩ですぐのレトロな喫茶ニカイに行こう

日暮里駅から徒歩5分程のところにあるレトロな雰囲気がオシャレな喫茶店、喫茶ニカイについてご紹介したいって言ってたけど思います。

名前:喫茶ニカイ
住所:東京都台東区谷中6丁目3-8
電話:03-5834-2922

喫茶ニカイはワンドリンク制の喫茶店です。

ドリンクの中でおすすめなのは、喫茶ニカイのウリでもあるクリームソーダです。
綺麗な水色のソーダの上に少し酸っぱいヨーグルト味のアイス、さらにその上にブルーベリージャムがかかっていて見た目もオシャレです。

まずはソーダだけを飲んでみるのもよし、アイスだけを食べてみるのもよし、ソーダにアイスとジャムを溶かして飲んでみるのもよしとたくさんの楽しみ方があります。
どんな飲み方をしても美味しいです。

喫茶ニカイの飲み物はだいたい500円から600円程度で飲め、食事のフレンチトーストやサンドイッチは1000円程度で食べることができます。

店の雰囲気はレトロな感じで、今どきはあまり見ることの出来ないレコードがかかっていたり、かかっている音楽も昭和のアイドルの曲だったりとてもオシャレです。
店員さんの服装も落ち着いている感じで心も落ち着きます。

ただ、喫茶ニカイという名の通り普通の売店の2階にあるので最初は少し戸惑うかもしれません。
それでも素敵な喫茶店なので是非行ってみてください。

バリスタートコーヒー、北海道札幌市にあるこだわりのコーヒー店

店名:バリスタートコーヒー(BARISTART COFFEE)
住所:北海道札幌市中央区南1条西4-8
電話:011ー215ー1775

バリスタートコーヒー(BARISTART COFFEE)は、北海道札幌市の中心部の隠れた場所にあるカフェです。
店内は小さいですが、木目を基調としたおしゃれな空間です。

バリスタートコーヒーでは、日本には数個しかないと言われる特別なコーヒーマシンを導入しており、
そのこだわり抜かれたおいしさは海外からもお客さんが集まるほど人気です。

特におすすめのバリスタートコーヒーのメニューは「カフェラテ」です。
ここでは北海道の各地から集めた様々なテイストのミルクを使用しており、自分好みのミルクを選んでカフェラテを作ってもらうことができるのです。

ミルクだけでも4種類用意されており、あっさりとした爽やかな口当たりの物から、ミルク好きにはたまらない濃厚なものまで取り揃えています。ミルクだけでもこんなに選ぶことができるお店は非常に珍しいです。
特に、「十勝加藤牧場直送ジャージー牛乳」のラテは北海道の中でも貴重な牛乳で、甘みのある美味しい品種なので人気です。

価格はレギュラーサイズで680円、ラージサイズで750円です。少々効果に感じるかもしれませんが、貴重な牛乳を贅沢に使用されたラテなので、飲んでみて損はありません。
季節によって限定メニューやフードも提供しています。

バリスタートコーヒーも店員さんは、通常1人から2人で行っており、メニューに関してとても親切に説明してくれます。

ハードロックカフェ横浜、音楽と美味しい食事を楽しむことができるカフェ

店名:Hard Rock Cafe Yokohama (ハードロックカフェ 横浜)
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1 クイーンズタワーA 1階
電話:045-682-5626 (RESTAURANT)

Hard Rock Cafe Yokohama (ハードロックカフェ 横浜)は、神奈川県横浜市にある音楽を楽しみながら食事を楽しむことができるレストランです。
世界のロック史を彩るアーティストの映像やグッズが並べられ、きらびやかでモダンな店内はとても心が躍ります。

食事中も、ロックテイストな音楽が流れており、音楽好きにはたまらない空間です。
お店に入ると、ハードロックカフェ店員さんが明るく案内や接客をしてくれます。スタッフは比較的若い方が多く、フレッシュさがあります。

おすすすめの料理は、「レジェンダリー バーガー」です。
ビーフパテにチーズやベーコン、オニオンがサンドされたボリューミーなバーガーです。

ハードロックカフェこだわりの高品質な牛肉のうまみを存分に閉じ込めたパテは、サンドされていても存在感を発揮します。
バンズの食感も良く、具材の味を邪魔しないシンプルな味わいで相性が良いです。

添えられているフレンチフライは、クリスピーな食感でやみつきになります。
価格は1980円です。なかなかボリュームのあるメニューなので、ちょうど良い価格設定です。

ハードロックカフェは、他にもステーキといった食事系メニューから、デザート、アルコールなど様々なメニューがあります。
歌やケーキの演出でお祝いをしてくれるパーティープランもあるので、お祝いや記念日にもピッタリです。

コノクス、福山市の東福山駅近くの女子大好きおしゃれカフェ

店名:コノクス
住所:広島県福山市引野町1丁目15-2
電話:084-999-8780

少し時間が出来て、東福山のあたりでどこかお茶ができないかと思い、コノクスに1人で行ってみました。
中央市場横におしゃれなカフェが出来ているなと思っていて、入ってみました。

コノクスの接客は優しく親切でした。

出来たばかりで新しいですが、コノクスの中は少し木の落ち付いたつくりと鉄筋の感じで素敵なのと、吹き抜けで光が入りやすく明るいです。
二階の席に案内されて周りをみると、女性ばかりで女子率がすごく高いです。

カプレーゼと生ハムのパニーニ1380円+税です。
スープも素材の味を生かしていて美味しいです。

味付けはしっかりしていたと思います。
パニーニはもっちりしていて食べ応えがありました。

コーヒーを頼んで、一人でゆっくりと考え事をしながら木の椅子に座り、コノクスは窓も大きく外も見晴らしがよくていいです。

1人でゆっくりできる時間が出来てうれしく、こんなおしゃれなランチタイムを過ごせて至福の時でした。

コノクス一階のスペースには、パンが並んでいて、スコーンとパンを買って帰りました。
値段もお手頃で本当におしゃれな空間でした。

ケーキも沢山並んでいて次はランチにデザートを付けてみようと思いました。

東京都池袋サンシャインシティ、ロコズカフェのハワイアン料理がおしゃれ!

池袋サンシャイン水族館に寄った後、お食事を楽しみたい家族やカップルの方々におすすめなのが、ロコズカフェというハワイアンカフェです。
サンシャインシティのアルパ地下1階にあるこちらのロコズカフェは、飲食店やファッション店などのあるフロアに並ぶこじんまりとしたお店です。

お店の外観からしてナチュラルテイストなオシャレ感漂う雰囲気、小さいながらも存在感のあるお店です。
ハワイアン料理というと、まっさきにロコモコを思い浮かべる方も多いかと思いますが、それだけではありません。

こちらのロコズカフェでは、パスタやコンボ料理がメインです。
どちらもおしゃれな木のプレートにかわいく盛りつけられ、見た目にも楽しいです。

サラダやパンケーキなどのセットを選ぶことができます。
牛モモとハラミのサイコロコンボでした。

サイコロ型のかわいい牛モモ肉が、ご飯、サラダと共にプレートに盛り付けられ、ボリュームたっぷり、おいしかったです。
どちらのプレートもサラダ付きで1000円程度ですが、オプションでジュースやパンケーキをプラスできます。

子供には、お子様プレートも用意されていて、チョコバナナパンケーキやジュースもついています。
ボリュームがあり、未就園児のお子様には少し量が多いかもしれないので、親御さんとシェアしてもいいかもしれません。
こちらは800円程度です。

ロコズカフェは、お店の対応も親切でした。
子供がジュースを注文したときに、テーブルでこぼしてしまったのですが、すぐに気づいてくださり、新しいものと交換してくれました。
申し訳なかったですが、きちんと対応してくれるお店ということで好感がもてました。

以下、ロコズカフェの情報です。

店名:ロコズカフェ
住所:〒70-0013 東京都豊島区東池袋3-1 アルパB1
電話:03-3985-6682

うみねこ、加古川市別府町にある美味しくボリューミーなカフェ

店名: うみねこ
住所: 兵庫県加古川市別府町本町1-43
電話: 079-436-0105

黒縁メガネをかけたご主人がされている、うみねこは素朴でおしゃれな店です。
いつも親しみやすい笑顔で挨拶してくれるので、どなたでも入りやすい雰囲気ではないでしょうか。

うみねこのメニューですが、オススメはやはりサンドイッチですね。

ちょっと家で作るのは無理だろうなと思う、本格的なサンドイッチが食べることができます。
種類も豊富ですし、うみねこは絶対にお気に入りのサンドイッチが見つかると思います。

他にも、ベーグルサンドやブランチセットなどもあるみたいです。
セットなどで食べごたえありますし、本当にお腹いっぱいになります。

個人的には、うみねこのパフェも大好きです。
このパフェもボリューミーで大満足できると思いますよ。

お値段は900円から1300円あたりだったと思います。
お手頃な価格だと思います。

どちらかと言うと田舎ですし、あまりおしゃれなカフェとか少ないので、うみねこはとても貴重なお店だと思います。
できては潰れてというお店が多い中、長年頑張られているお店なのでやはり美味しいのでしょうね。

うみねこのご主人のお人柄もあると思いますが。
陣内智則さんのご実家が近いので来られたのでしょうか。
陣内さんのお写真を見かけたことがありました。