銀座ブラジル、浅草にあるレトロ喫茶の激ウマカツサンド

私の愛してやまない浅草グルメといえば、ここを紹介しない手はないと言っていいほど。
その名も「銀座ブラジル」。

おわかりであろうか、浅草にありながら銀座を名乗る一見摩訶不思議な店名だが、そこには地元感溢れる昔から変わらないレトロで情緒あふれる空間が広がっている。

銀座ブラジルのオススメはズバリ「元祖ロースカツサンド」¥1000-。
浅草のチャキチャキとしたおばちゃんが運んでくるボリューム満点な4切れのカツサンドは、食パンの間に2重のカツ、キャベツの千切り、ソースと見た目はシンプルだが、味は本物。

一口噛めばジュワ〜〜っと甘い豚ロースの脂が口いっぱいに広がり、キャベツのシャキシャキとした食感がこれまた次から次へと食欲をそそる。
カツサンドを口にしてみて気がつく。

ん?食パンも、もっちもちで美味しいことに。
そう、浅草で愛されているパン屋・ペリカンの食パンを使用しているのである。

美味しいカツに美味しい食パンのハーモニー。
まずいわけがない。

これぞ元祖と謳うに等しい一品。
尚、銀座ブラジルという店名の由来だが、元は銀座にブラジルの1号店がありそのまま浅草の店舗だけが残った為である。

店名:銀座ブラジル
住所:東京都台東区浅草1-28-2
電話:03-3841-1473

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です